[情報] 種族

ヒューマン

溢れる覇気を備えた冒険者

旺盛な冒険心で各地にはびこる怪物や侵略者を打ち破り、アルボレアに一時の平和をもたらした種族。さらに、世界全七種族の連合体であるヴァルキオン連合を創設するなど、神々の戦争後、廃墟と化した世界に再び活気を取り戻した。彼らは長きに渡る放浪生活の中で、折れることのない強靭な精神力と、逞しい肉体を培った。


編集

キャスタニック

長き苦難に耐え、新たな旅立ちを誓う挑戦者

かつての神々の戦争により、長きに渡って他種族から抑圧されてきた種族。ヒューマンとアーマンの仲介により、晴れてヴァルキオン連合の一員となった。そんな苦難の歴史の中で、彼らは個性と独立を守り通す信念を手に入れた。しかし、その一方で同族意識が強く、歴史に対するプライドも高い。独自の伝統と生活様式を現在も維持しており、時に気まぐれな一面を見せることもある。


編集

アーマン

獣の本能と種族の誇りを併せ持つ屈強の戦士

有史以来、他種族との終わりなき戦いを繰り広げてきた戦士の種族。かつては覇権と野心を求め、猪突猛進することが全てであったアーマンだが、巨人族の支配により抑圧された生活の末、自由と名誉、そして自己犠牲を重んじる種族に生まれ変わった。この変化により、多種族連合体であるヴァルキオン連合の一員として認められることとなる。猛々しく屈強な肉体と熱い心の持ち主で、無数の戦場で培った強靭な精神力と名誉を誇りに思っている。


編集

ポポリ

明るく愛らしい森の守護者

ポポリとは、ポポリ王国に住む多様な動物型種族を指す。彼らは愛らしい動物のような姿をしており、思考は常に楽天的で前向きだ。王国内ではエリーンから支配を受ける被支配層ではあるが、互いの気質を生かした役割をそれぞれが担い、身分にとらわれず自由に交流している。歴史と伝統を誇るポポリ王国の一員として、自然を愛し、安定した社会を築いている森の守護者だ。


編集

エリーン

女神より託されし美しき自然の守護者

女神エリーヌが自分を模して創った種族で、エリーヌの娘とも呼ばれる。ポラ・エリーヌにある巨大な精霊樹の気を受けて生まれる彼女たちは女性のみで構成され、精霊やアルボレアに関する多くの秘密を女神より受け継いでいるという。自然の守護者で、アルボレアの神秘を他の種族に伝える引導者としての責任も担っている。少し幼い印象はあるが、平和と調和を愛する種族である。


編集

バラカ

古代遺産を守る学究の徒

古代、巨大な帝国を築いた巨人族の末裔である気高き種族。強靭で雄壮な肉体と高い知的水準を持つ彼らは、傲慢であった古代巨人族とは異なり、優しく穏やかな性格を持つ。隠遁生活を好み、人目に触れるのを嫌うが、知識探求のためなら全身全霊を捧げる情熱的な一面もある。


編集

ハイエルフ

優れた文明を持つ孤高の騎士

千年前、アルン大陸に美しく平和な文明を築き上げたエルフは、他種族の侵略と神々の戦争によって全てを失ってしまう。その後、それまでの伝統と価値観を捨て、より強く優れた力の開発に全てを捧げた彼らは、大都市アルレマンシアと魔法機関コアを中心に、アルボレアで最も優れた魔法文明を持つ種族、ハイエルフとして生まれ変わる。神の存在を否定し、常に自らの肉体的、精神的限界に挑む種族である。


編集

データ新規追加フォーム

(TERA >情報 > 種族 )
ページ分類 種族
名前
内容
画像
並び順
追加
  • 悪戯、荒らしについて…規制の適用、及び悪質なものに関してはプロバイダ等と連携し、厳しく対応します